忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/20 02:50 |
森見登美彦著 『夜は短し歩けよ乙女』

「考えると不思議ではないか、この世に生をうける前、我々は塵であった。死してまた塵に返る。人であるよりも塵である方が遥かに長い。では死んでいるのが普通であって生きているのはわずかな例外にすぎない。ならばなにゆえ、死が怖いのか」

PR

2008/03/24 19:11 | Comments(0) | TrackBack(0) | 言葉

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<さいきん気になること | HOME | ままならない話>>
忍者ブログ[PR]